現場のワーカーたち

★ワーカーの1日★

時間 仕事、休憩、休息、就寝
6:00 起床
7:00 自宅を出発
直接現場や勤務先に集合後に1台の車で現場に行ったり移動の方法は様々
8:00 現場に到着

 
下車地から現場まで歩くことが多し、足元注意でしっかり歩く
受持ち現場に到着すると作業開始、春の植林、夏の下刈、秋の間伐、冬の伐倒、季節によって作業の種類が変化
最初の数ヶ月は、班長(指導員)から基本を教授される 
10:00 1回目の休憩(15分間)
12:00 昼食
  待望の弁当、高台や木陰などお気に入りの座卓で話題は仕事や家族のこと等々。午後の仕事に備えて心も体もエネルギー補給、その後は、道具の手入れや三尺寝
13:00 仕事を再開
14:30 2回目の休憩(15分間)
木陰や陽だまりで飲むお茶が旨い、一息入れて道具の手入
16:30 仕事終了
陽が落ちるまでに山を下りる、現場の場所や仕事内容によって勤務先に寄ったり、直接家に向かったり
17:00 帰宅
翌日に備えて道具の手入れ、手入れの善し悪しも実力のうち
18:00 夕食
家族そろって夕食「今日の喜びを大切な家族とともに」
22:00 就寝

 

 

公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構
〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎別館3階  TEL 028-624-3710  FAX 028-643-6802