とちぎの森林・林業

(1)土地利用及び森林資源

 森林面積は、県土の約55%を占め、木材の生産や地球温暖化防止、水源の涵養、生物多様性の保全などの機能を有しており、私たちの生活に欠かすことのできない重要な役割を果たしています。

 土地利用(平成26年)

区分 面積 構成比
森林 3,496ku 54.6%
農地/宅地等 2,912ku 45.4%
6,408ku 100%


 人工林/天然林別林野面積/蓄積/年成長量

区 分 面積(ha) 構成比(%) 蓄積(千m3) 構成比(%) 年成長量(千m3) 構成比(%)
人工林 155,433 44.9 45,386 63.2 546 83
天然林 179,292 51.4 26,381 36.8 114 17
その他 13,981 4.0 2 0.0 - -
348,707 100,0 71,770 100,0 660 100

  人工林では10齢級(一定の幅に林齢を括ったものをいう。1年生から5年生までをT齢級、6年生から10年生までをU齢級として表示する。)以上の森林が6割以上を占めていますが、皆伐の減少に伴って造林面積が減り、将来にわたる木材の安定供給や公益的機能の持続的発揮が危惧される状況にあります。

(2)木材需給

 平成25年の素材の供給量は685千m3で、自県材72%、他県材24%、外材4%で、素材の用途別内訳は9割弱が製材用、残りが木材チップ用、合板用となっています。
 製材品出荷量は、305千m3です。
 成熟期を迎えた本県の森林資源を有効に活用するために、林業・木材産業の連携や体質強化を図りながら、消費者のニーズに即応し、品質の優れた県産材を安定的に供給できる体制づくりを進めています。

 

 


公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構 〒321-0974 宇都宮市竹林町1030-2 河内庁舎別館3階 TEL 028-643-6801 FAX 028-643-6802